<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックでは技術や経験も大切なことですが、しっかりとサポート体制が整っている病院を選ぶのもポイントに入れましょう。
「ここの病院なら信用してレーシックを受けることが出来る」というような病院をまずは見つけましょう。

 

安全とされているレーシックなのですが、実際には僅かな確率ですが、感染症や合併症が引き起こされています。
また視力が想像しているよりも回復しなかったり、元々の視力に戻ってしまったという失敗例が報告されています。

 

レーシックをする前にまずはサポート体制が整っている病院を探すということを頭に入れておきましょう。
中には定期健診や再手術を無償で実施してくれる病院もあるので比較サイトなどで探してみると良いでしょう。



<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目ブログ:2020-1-10

ハリのある胸、
くびれたウエスト、
きゅっと上がった尻…
そんな美しく流れるような肉体を
「カーヴィボディ」と言います。

ただ痩せているのではなく、
メリハリのある肉体ですよね。

女性なら誰もが憧れるカーヴィボディを作るには
トレーニングして、しなやかな筋肉をつけることが大切!

また、
トレーニングで体脂肪を筋肉に変えていくには
栄養素のサポートが必要です。

トレーニングとバランスのとれたご飯で、
グラマラスで引き締まった理想の肉体を手にいれましょう。

まず、
減量中は少なめに・・・と
思われがちな肉類ですが、
筋肉を作るために欠かせないたんぱく源です。
脂肪分が多い部位や脂身は避け、
赤身部分をしっかり食べましょう。

筋肉を作るたんぱく源は、肉だけではありません。
6時、11時、晩の食事に
魚、卵、豆腐、牛乳もバランスよく組み込みましょう。

そして、
フルーツは美容と健康のもとです。
特に6時食にフルーツを食べると、
デトックス効果で自然なお通じが期待できます。

フレッシュな植物が持つ酵素の力で
消化や代謝もサポート。
さらに柑橘類に多く含まれるクエン酸は
疲れを癒し、疲労回復に役立ちますよ。

なお、
炭水化物を食べずにトレーニングするのはとても危険です。
肉体が思うように動かないばかりか、
貧血で倒れてしまうことも…

楽しく肉体を動かすためにも、
エネルギー源となるごはん、菓子パン、麺などの
炭水化物はきちんと食べましょう。

最近は
ヨガ、バレエ、ピラティス、加圧トレーニングなど、
楽しみながら減量できる場所も増えてきました。

バランスのとれたご飯とあわせて、
トレーニングするのがポイントですよ。